リノベーション!〜前回の続き〜
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

今回は、前回の一階部分のリノベーションに引き続き、二階部分の様子もご紹介させて頂きます!

まずは、二階部分のビフォーの様子をご覧ください!



階段を上って…



すぐ右手のお部屋

個人的にめちゃめちゃ好きな和と洋が絶妙に調和してるレトロな雰囲気。

ちょっと興奮してしまいました。(通報しました)

続いて、和室!



先ほどの階段を登り、正面に向かって入ったところにある和室。



The 和室。



The 和室を抜け



振り向きざまにまさかの二つ目の階段!
ですが、今回のリノベーションでこの二つ目の階段は綺麗に取っ払う事になりました。





キレイさっぱり!!



そんな、元階段スペースは…









華麗にトイレへと変身を遂げました!
ご覧頂いてお解りかと思うのですが、写真に写る押入れも、元階段の手前のスペースに新たに作らせて頂いたものです。








家族の人数や構成にもよるかもしれませんが、この様に収納スペースが増えたり元々無かったトイレを設けるなど、より機能的な住環境を整えていくのは、まさにリノベーションの定義でもあり、また醍醐味でもあるのかもしれません。

彼氏や彼女を家に連れて来た時(自分が招かれた時は特に)、おとんやおかんに遭遇する事なくトイレに行けるのはかなりポイントが高いのではないでしょうか笑(その効果・感想には個人差があります。)

最後に、二階部分のビフォーアー・アフターをいくつかご紹介させて頂きます!
まずは階段!





続いて二階の出窓




と、その床






そして、あのThe和室は…





すっかり洋室に!



どの部屋も、ノスタルジックな雰囲気から機能的で現代風なものに変身しましたね!

さて、今回はここまでとさせて頂きます!

毎度、最後までご覧頂いて本当にありがたく思います。

見苦しい点もあるかと思いますが、是非今後ともよろしくお願いいたします!
ありがとうございました!
| - | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0)
リノベーション!
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

お久ぶりです!

ここ最近まで(ありがたいです事に)バタバタしていて中々更新出来ませんでした!(はい、ただの言い訳です。ごめんなさい。)

それはさておき、今回は新たに取り組んだリノベーションをお伝えさせて頂きたいと思います!
まずは、ビフォーの写真をご覧ください!




外観


既存の玄関

続いて一階部分





外観からもお分かり頂けると思いますが、ご覧の通り京都の町家などの「うなぎの寝床」様な奥行きのあるお家。

続いて既存のキッチン

既存のトイレ



手洗い付き

更に既存のお風呂(在来型)


階段のローアングル
一緒に映る柱がオシャレ…

階段の上目遣い

セクシーな雰囲気…

結構築年数が経過してるお家だとは思うのですが、外観とは裏腹に内装は和と洋が8:2くらいの割合で入り混じってる印象。

基本的には昔ながらのオーソドックスなお家なのですが、いい具合に洋のテイストが入っててそう感じたのかもしれませんね。(写真では分かりにくいですね。すいません。)

で、まだ二階部分もあるのですが、今回は一階部分のリノベーションの様子をご紹介させて頂きます!

二階部分は次回ご紹介させて頂きますね!

では、一通り一階部分のビフォー写真を見て頂いたところで、早速生まれ変わったアフターの様子をご覧ください!

まずは、生まれ変わった玄関。




玄関に新設した収納スペース。(今回は車椅子様に)

元々あった下駄箱の様な?スペースもマイナーチェンジ。(ビフォー写真撮れてなくてすいません!)


続いて一階部分へ






階段に寄り添う様に立っていた柱は階段と合体し小さな壁に。(官能的!)

続いて新たな階段の上目遣い。



階段の真下に設けた新たな収納。

続きまして台所




更にお風呂




〆のトイレ




今日はここまで!

次回は二階部分をご紹介させて頂きます!

最後までご覧頂きありがとうございました!
| - | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0)
お風呂の入れ替え! 創伸工房
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

今回は、オーソドックスにお風呂の入れ替えの模様をお伝えさせて頂きます!


ご覧頂いてるのが、入れ替え前のお風呂。


このお風呂はユニットバスではなく、いわゆる「在来型」のお風呂です。

ここで言う「在来型」のお風呂とは、昔ながらの「在来工法」で作られたお風呂の事を指します。

「在来工法」とは、防水加工をした上で壁や床をタイル張りなどで作っていく工法の事です。

「在来型」のお風呂の最大のメリットは、やはり自分の好きな様にお風呂をデザインし形に出来るオーダーメイドの部分ではないでしょうか。

浴槽の素材を大理石やヒノキにしたり、壁をタイルで細工したり窓の大きさや形を変えたりする事も自由自在です。

この様に浴室の広さや形状に関係なく、こだわりの空間をつくれるのが在来工法です。

ですが、「在来型」のお風呂は、ユニットバスと比べかなりコストがかさみます。その理由の一つにユニットバスに比べ経年により防水性が劣ってゆきます。その為「徹底的」な防水処理をする必要があり、様々な技術を持った職人さんの手が必要になり、それにより工期もながくなります。したがって人件費もかさみ、材料費がかかる事はもちろんですが、その後のメンテナンスのコストも必要になってきます。

なので、僕たちからみてもお風呂の入れ替え時に「在来型」のお風呂をチョイスされる方はかなり経済的に余裕のある方だなと感じますね。

その点ユニットバスは、自由度こそ比較的低くはなりますが、低いコストで保温性、防水性を確保できます。

工期も短いですし、内部のパネルの色やオプションも豊富。デザイン的にも現代風の先進的なお風呂なのではないでしょうか。

ユニットバスの最大のメリットはそのクオリティで低価格。

いわゆる「コストパフォーマンス」の部分でしょうか。

今回写真でご紹介させて頂くのが、「在来型」のお風呂からユニットバスへのお風呂の入れ替えです。





冒頭の写真に写るお風呂を解体し、ユニットバスの床に面する部分を整地(左官)し、配管。

コンクリートが固まってからユニットバスを組み立てます。



完成!

我が創伸工房でも「在来型」のお風呂からユニットバスへの入れ替えはよくある案件です。

先ほども述べた様に、「在来型」のお風呂のデメリット(というより弱点?)の防水性の低下による「水漏れ」が原因でお風呂のリフォームを検討する方は少なくありません。

その時にユニットバスへの入れ替えを決断する理由の一つに「在来型」のお風呂の弱点である「水漏れの心配」から解放されたい(それに伴うコストからも)部分は少なくない様に思います。

木造の場合などは特に水漏れによる被害やそれを修繕する費用はバカにできません。

最悪の場合水漏れが原因で床下の支えなどが腐り、家自体が傾いてしまう事例も多く存在します。

そうなると、リフォームするのに莫大な費用がかかる為、そのリスクマネジメントの観点から見てもユニットバスの方が安心なのかもしれませんね!

まとめると、ユニットバスは安くて高品質!水漏れも安心!メンテナンス費用もかからずコストパフォーマンス最高!って感じでしょうか。

改めてそう考えるとユニットバスってすごいですね笑
今回も最後までご覧頂きありがとうございました!
| - | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
大改修!!創伸工房 その2
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

以前に少しだけ触れさせて頂いた、盆明け早々からスタートした大改修の現場。

外壁や屋根の部分も絡む大掛かりなリフォームで、個人的にはかなり楽しみに(というより興奮)している案件。

今回そこそこ写真がたまってきたので、中間報告として工事の様子をご紹介させて頂きたいと思います!




先ずは解体から。


それでは

張り切って
解体

スタート!







先ずは内部からの解体。

実は今回のリフォームは、主要な柱を除くほとんど(建物の7、8割)を解体していくのですが、全て手バラしなんです!
要するに、重機などを使わずに人力で解体していくって事なんですが、これがなかなか手間と時間がかかるので大変。

重機で解体した方が勿論早いのですが、残す部分は残しておかないといけないので、重機に負けないくらいパワフルでスピーディーな解体屋さんにならないといけないんですね。






ここまで解体すると、元々の内装の面影は無くなってきますねー。

さて、内部の解体も終盤に近づいたところで屋根や外壁を解体する時の準備をしなければいけません。

そう、ご存知の通りよく建設中や改装中の建物で見るアレです。


これが

こんな感じに
しっかりと





ベールに包まれています。

これは、防塵シートと言って解体時のホコリなどでご近所様に迷惑にならないようにするモノです。

ていうか絶対必要なやつ。

準備が整えばあとはやるだけ。




このまだ綺麗な瓦達を容赦なく


こんな感じに

まる裸(照れ)

さらに容赦なく

バラ板も解体

めっちゃいきがってますけど、屋根の解体は

めっちゃ怖いです笑

続いて外壁達をバリバリ解体していきました。







こんな感じ。

ここまでなかなかの時間と労力が掛かりましたが、ワクワクしながら(個人的には)楽しんで取り組む事ができました。
こんな規模の改修となると、社員一同が一丸となって取り組む場面も出来るのでそこも個人的には好きなところです。
<
普段はみんなそれぞれの現場に出向いているので、みんなが揃って仕事をする事自体滅多に無いからでしょうね。(写真に写るのは我が社の専務)

写真の中央に写るのが我が社の社長!

若手のエース達(左 石川くん 右 越智くん)

エース達の俊敏な動き

まだまだ工事も途中ではございますが、今回はここまでとさせて頂きます。
最後までご覧頂きましてありがとうございます!

またご報告させて頂きますので是非ご覧くださいませ!
| - | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0)
まるでショールーム! 創伸工房
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

今回は、まるで「ショールーム」かと思わせるような個人的にキュン死に(素敵過ぎて胸キュンが止まずおかしくなってしまう様)級の素敵な仕上がりを遂げたリフォームをご紹介させて頂きます!

3階建の大きな一軒家。

2階と3階部分が居住空間で、1階が主に倉庫の様な駐車スペースになっており(軽四5.6台は駐車出来る程の広さ!)3階はクロスとトイレの入れ替えのみで、今回のリフォームは玄関を含むリビング?和室?キッチン?お風呂のある2階がメイン。



窓の手前の床のところからニョキニョキと伸びているのがキッチンの配管で、ココに調理スペースが設けられます。



続いてキッチン配管の手間に大胆に敷かれたシルバーに輝くパネル達が、床暖房。




続いて床暖房の配管達。



床暖房のパネル二枚分となると、配管のボリュームも凄いですね!




さてさて、床暖房を含む床の下地が出来たところで、早速設備の施工に取り掛かります。



先ずはキッチンから!

ご覧頂いてわかるように、キッチンの部材はこんなにもボリューム満点。



施工書で細部を確認。

ご存知の様に、メーカーやグレードや仕様によって組み立て方も様々。

大きく言えば、どんなキッチンでも下台を組み合わせて天板を乗せ、給水?給湯?排水を接続するというシンプルな説明になりますが、細かい機能部などはメーカーやグレードや仕様によって千差万別という事。

なので、この確認はとても大切な事なんですねー。

これを怠ると、組み立てたキッチンをまた解体するハメになったり、最悪の場合組み立てを完了出来ない様な事態になってしまうかもしれません。

何となく取り掛かかるのではなく、全てを掌握した上で施工をしていくのがやはり「プロ」という事なのではないでしょうか。








無事に組み立て完了!

では早速キッチンなどの設備を含め、リビングや和室の仕上がりをご覧下さい。



う、美しい…。






続いて和室





玄関(クロス、フローリング張り替え)



お風呂(ゴージャス!!)



トイレたち(便器、クロス入れ替え&手洗い新設)








どれもこれもビジュアル的に洗練されたショールームの様な仕上がりではないでしょうか。

こんな素敵なお家に住めたらきっとモチベーションにも繋がるんでしょうね!
今回も最後までご覧頂きましてありがとうございました!
| - | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0)
大改修!! 創伸工房
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

お盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか?

猛暑ばかりの連休でしたね!

あまりにも暑い日ばかり続くので、僕はインドアなお盆休みを過ごしていました。


ところで、ナイトプールってご存知ですか??

ナイトプールとは日中ではなく、夕方以降(日が沈む頃から)から営業されているプールの事を指します。

ライトアップされ幻想的な雰囲気の中で、DJブースなどが設けられ、昼間とは違いまさにパーリーピーポーかつオトナな空間へと変貌を遂げ、今やホットスポットとされています。


また、有名ホテルなどで行われる事も多いので、女子大生やオトナ女子に大人気で、主なその理由が、インスタグラムの恰好の撮影場所というのも人気の理由だそうです。

テレビでナイトプールの特集をしていて、そこで眩いばかりの水着姿の女子達が取材されているのを観て、インドアなフレッシュさに欠けるお盆休みを過ごしてしまった(というより水着の女子を見れなかった)過ちに気づき、「来年こそは必ず…」と、人知れず心に強く誓ったのは最近の事です。

てか、そんな事よりも

盆明け早々から、大変ありがたい事に外壁を含む大改修に取り組む事が決まりました!(拍手)

数ヶ月前に下見に行って、着工までに時間はかかったのですが、結構築年数も経っている事もあって個人的にとても楽しみにしていた案件です。

工事も始まったばかりで、写真もかなり少なくブログのネタとしてはかなり弱いんですが、嬉し過ぎてフライング気味にその大改修の模様をお届けしたいと思います!

先ずは、下見の時に撮影した外観の様子をご覧下さい!









外壁たち!

続いて屋根たち!









ご覧頂いたのが、下見の際に撮影した、外壁と屋根たちです。

瓦もまだまだ綺麗なのですが、屋根エリアも入れ替えです。

実際、工事の進捗状況としては、まだまだ解体が始まったばかりでブログでお届け出来る程のネタではないのですが、そんな事は無視して解体の一部を様子を少しだけ発信させて頂きます!



解体!



がん!



ばり!




ます!


乞う!



ご期待!


今回も、最後までご覧頂きありがとうございました!
| - | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0)
この世の終わりか?!恐怖体験!! 創伸工房「8.01」
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

今回は、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今年8月1日に起こった恐怖のあの一夜…そう、例の「8.01」についてお伝えさせて頂きたいと思います。

その日僕は、いつも通り現場を終え、事務所でちょっとした作業をしていました。


いつもより早く事務所に戻ってきたので、いつも笑顔の素敵な事務員さんがまだ会社に居て、「ご苦労様」と労いの言葉を掛けてくれ、続けざまに「たまには早く帰ったら?」と優しく声をかけてくれました。

でも僕は、「まだ仕事が少し残ってるんで、これだけ片付けてしまいます!」と、その言葉に甘えたい気持ち半分、もう少し会社に残る事にしました。


今思えば、その時事務員さんに言われた通りにそのまま帰宅していれば、あんな惨事に遭遇する事は無かったかもしれません…。

まさか、あんな事になるなんて…。





「あぁ、こんな時間かぁ。」

PM8時頃、事務所での仕事を終えた僕は家路につく事にした。

事務所のシャッターを閉め、いつも通り自転車で帰ろうとした。この時間帯は昼間と違って車通りも少なくなるので自転車でも走りやすい。

いつもとら変わらぬ風景。

いつもと変わらぬ静まりかえった帰り道。

しばらく自転車を走らせると、事務所周辺よりも、人通りのある道に出る。
ただ、僕はスグに気付いた。

あれは確か大和川周辺の周りの見通しの良い朝日や夕日が綺麗に見えるエリア。

しかし、いつもと明らかに様子が違うのだ…。

普段に比べ、あり得ないくらいの人だかりがそこにはあった。

何故かみなソワソワし、子供は夜だというのに大声で走り回っていた。

異様な雰囲気に僕は怖くなり、その集団を振り切る様にペダルに力を込めた。

帰り道でいつも通る駅の近くまで急いで自転車を走らせ、気持ちを落ちつかせ様と息を整えようとした途端、その時僕は気付いてしまった。

「ドーン!!」

「ドドーン!!!」

僕の恐怖はすぐさま最高潮に達した!!

「これは、何かとんでもない事が起きてるに違いない!もしかして…核爆弾?!!」

「いや、落ちつけ!駅まで行けば、何か分かる!」

誰かに会えば、安心出来ると思い、息を切らせながら自転車を走らせようやく駅に辿り着いた時、僕は見てしまった!

こんな非常時に、ワチャワチャと浴衣をまといながら浮かれてる人がいるではないか!

しかも、男子と女子がイチャイチャと手を繋ぎ「早くぅ」などと死に急ごうとしているではないか!

「お、終わった…。」

恐怖よりも絶望感が上回った時、僕は駅前の商店街に膝から崩れ落ちてしまった。

「羨ましい…羨ましすぎる!浴衣の女子と手を繋いで歩きたい!あっ、違う!」


「え〜っと」

「あっ」

「どうなっているんだぁぁぁ!!」

商店街の中心で、僕は叫んだ……。


全てを諦めようとした瞬間、僕は某有名スポーツ漫画に登場する、彼の言葉が脳裏によぎった。


「諦めたら、そこでゲームセットです」
その瞬間僕の頭にあのバンドの名曲「世界が終わるまで」が流れ「このタイミングで、スゴイ自分とシンクロするなぁ。」「何で今?」などと少し複雑な気持ちになりがら、気がつけば音の響く方へ自転車を再び走らせていた。

もう、無我夢中だった。

この時僕は、この惨事を二度と繰り返してはいけないと後世に伝えるべく、全ての事実を画像に残し散りゆく覚悟が出来ていた。

そして僕は遂にみてしまった!!!





「な、なんだあれは?!」
僕は、距離は遠かったものの、眩いばかりの閃光を放ち、轟音と共に爆発する「アレ」を目の当たりにした!

僕にとってのファーストコンタクトである!

そう、この時僕は地球外生命体の襲来だと確信したのだ!










「う、美しい……。」

僕は思わずそう口にしてしまった。

中には「TA-MAYAAAAAA!!!」などと意味不明な聞き慣れない言語まで飛び交っている!

僕が思わず美しいと感じてしまった事といい、きっと地球外生命体の洗脳がみんなに広がり始まっているんだろうと気が付いた。

あの大和川周辺や駅前の事もこれで説明がつく。

気がつけば、僕はスマホのシャッターを乱打していた。

















もう、すっかりこの閃光の虜になってしまっていた。

「きっと、この美しい閃光が人類を洗脳する為の兵器なんだな。」と思いつつも、僕はこの眩い光から目を離せなくなっていた。

その時!!


聞き覚えのある声が僕を呼んでいるではないか!

「怖いな怖いなぁ。」などとあの怪談のプロの様につぶやきながら振り返ると……

「うわぁぁっ!」

また彼の様なリアクションをしてしまった僕が気付いたのは、小学生からの幼馴染とその家族ではないか!

「何してるん?」


みんなの顔や様子を見た瞬間、僕は衝撃的な事実に気付いてしまったのです!


「あっ、PLの花火ね!忘れてた!」


(こいつ、大丈夫?笑)


終わり

「この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません」

と、いうわけで、普通に花火を見て頂いただけでも面白くないなぁ。

というより、写真の撮り方が下手過ぎて写真だけでは絶対無理!どうしよう…。
と、悩んだ結果こうなりました。

調子こいてすいませんでした。

では、今回も最後までご覧頂きありがとうございました!
| - | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0)
水廻りの達人だから出来るコト。 創伸工房
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

今回は、「水廻りの達人【創伸工房】だから出来る事。」をテーマに、お風呂のリフォームの一つのをご紹介したいと思います。


ご覧頂いているのが、リフォーム前のお風呂。

一般的な、タイル張り(いわゆる在来型)のお風呂です。(ユニットバスではありません)


続けて、リフォーム後のお風呂をご覧ください。

一目で現代風のシャープなお風呂に生まれ変わったのが分かりますね!

美しい…。

ナルシストに思われるかもしれませんが、仕上げを終えた後まじまじと生まれたての現場達を見てると、いつも惚れ惚れしてしまいます笑



ところで、お分かりでしょうか?

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、実は今回ご覧頂いているリフォームは、お風呂自体を「入れ替えた」訳ではないのです。

分かりにくかった方、もう一度ご覧下さい。



お気づきになりましたね?

そう、実は今回のリフォームは既存のお風呂の空間に、バスパネルという特殊なパネルをサイズに合わせて加工、取り付けをしていく施工方法です。

更に、床(洗い場)には高さを調整出来る(主にマンションなどの集合住宅で脱衣場から洗い場の段差をバリアフリーに近い様にする)昔でいう「スノコ」を用いて、脱衣場と洗い場の段差を無くしています。

ビジュアル的にも機能的にもこのお風呂は生まれ変わりました!例えるならば、「君は見た目だけじゃなく、中身も美しくなったんだね!」的な変身を遂げたと思います!(整形どうのこうのとかの話ではないです)

更に更に、このリフォーム方法には素敵な特典がございます!

それは何かと申しますと、一般的なお風呂のリフォーム(お風呂の入れ替え)に比べ、なんとなんと!2分の1から3分の1程度の費用で行う事が出来るのです!
内容(というより、元々のお風呂の状況、状態)によって費用は変わってきますが、一般的なお風呂の入れ替えに比べると、「破格のお値段」で行えるリフォーム。

お風呂の入れ替えは、費用を考えると躊躇してしまう方も、このリフォームなら前向きに考えてしまうかもしれませんね!

という訳で、冒頭でお伝えした通り、今回は「水廻りの達人【創伸工房】だから出来る事。」をテーマにお伝えさせて頂きました!


今回も、最後まで見て頂きありがとうございます!
| - | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0)
外壁もお任せ! 創伸工房 その2
おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

ここ最近になって始めたブログ。

まだ数回しか更新していないのですが、毎度悩むのが最初の挨拶なんです。
でも、悩んでいても仕方ないので、せめて、失礼のないように今回はどの時間帯に見ても対応出来るような頭出しにしてみました。

こんな、(イマイチ攻めきれない)私ではございますが、今後ともよろしくお願い申します。ジャンボ!!

さて、(キレのない)冗談はさておき、今回も前回に引き続き弊社が携わった外壁工事を紹介させて頂きます!

場所は京都の東山区。

舞妓さんや芸妓さん(キレイ!カワイイ!)と観光客(主に外国人)の方々が多いエリアです。

現場はその中の割烹料理屋さん。




お店の方に許可を頂いてないので、あえてお店の名前は隠させて頂いております。

2枚目の写真に写っているお店の左隣りの建築現場。

そこにホテルが建つのですが、お店とホテルの間から、お店側の外壁(トタン)が丸見えになってしまうので、それを改修するという内容の工事。

京都なだけに、やはり外観は重要なのですね!(推測)

まずは既存のトタンを解体。

そして、新たな外壁(サイディング)の為の下地を造作します。







僕達が着工する時には、既にホテルは完成間近のタイミングでした。

なので、現場は狭く特に解体の時には出来立てホヤホヤのホテルを傷付けまいと、かなり神経を使いました。

ちなみに、写真に勇しく写っているのが我が社の社長です!
まるで某CMのワンシーンみたいですね!

パワーウィズハート!!








キレイに仕上がりました!

お店としてもそうですが、ホテルとしてもホテル側から見える場所なので、お互いに美観的に良い工事だなと個人的に感じました。

ちょうど梅雨の時期で、雨にも悩まされましたが、とてもやり甲斐のある現場でした!

今回はここまで!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!!
| - | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0)
外壁工事もお任せ! 創伸工房
お疲れ様です!

今回はウチの会社はこんな事もできるんです!というのを紹介(自慢、そしてアピール)させて頂きたいと思います!
お客様からの要望で小屋(納屋)を改装して欲しいとの要望を頂きました。





屋根の解体後

長らく使われていたであろう納屋。
外壁も屋根もトタンを使用していました。





外壁の解体後

こいつを素敵な納屋に変身させてしまいます。

まずは、基礎の部分(木材)がかなり傷んでもろくなってしまっているので、まずはそこから外壁、屋根共に補強(新しく)していきます。






これが



こんな感じに!


そして、これが

こんな素敵な感じになりました!(自我絶賛)



なんと

美しい…
HPを見ると、内装や設備工事専門とさせて頂いてますが、(仕事の割合としては確かに多いです)このような外壁工事(塗装など)もさせて頂いておりますので、是非ご相談ください。(させてください!!!)

今回もご覧頂きましてありがとうございました!
| - | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0)
SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORY
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE